《レーシック最新情報》レーシックとドライアイとの関係

《レーシック最新情報》レーシックとドライアイとの関係


《レーシック最新情報》レーシックとドライアイとの関係
ドライアイというのは、長い時間目を開けていることが出来ずに、しょぼしょぼと異物感があったりする目の状態のことを言います。
これは長時間コンピュータのモニターやテレビを見ている人に比較的多い症状ですのでご注意ください。

ドライアイになっている方でも、レーシックの手術を受けることは基本的には可能となっています。
しかし重い強度のドライアイにおきましてはレーシックを受けることが出来ないことを覚えておきましょう。
最近非常に多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックによって視力を取り戻しています。
その影響もあってか一般の人達もレーシックに興味を持ち続々とレーシックを受けているのです。 レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいることでしょう。
ドライアイを引き起こしてしまっている人というのは、残念ながらレーシックをすることが出来ないケースがあります。





《レーシック最新情報》レーシックとドライアイとの関係ブログ:2017/9/19

あたくしがたしか4、5歳の頃。
お守り袋の中に何が入っているのか気になってしかたなく、
こっそり開けてみたことがある。

結局、中身が何だったのか、
今となってははっきり想い出せないが、
何か小さな、金色の仏様のようなものが入っていたような…気もする。

ともかく、
その後しばらく「お守り作り」が「マイブーム」となり、
紙で作った袋の中に金色の折り紙で折った小さな兜を入れて、
「お守り」だと言って、あたくしは家族に「プレゼント」していた。

それから10年以上の時が経ち、
あたくしは高校生になった。

当然、昔、
幼かったあたくしが自己満足で作ったお守りのことなど
記憶の彼方に消えていた。

…が、ある日、母から、
これを覚えているかと、
ホッチキスでグチャグチャになった紙きれを見せられた。

パパは「これを持っていると事故に遭わない」とか言って、
その「自称お守り」をずっと財布に入れ続けているという。

パパの性格からして、
単に財布に入れっ放しだったということも考えられるが、
それを差し引いても、
高校生の私に何やらジワ~っと感じ入るところがあった。

しかし、
パパには自分が少々感激してしまったことはもちろん、
お守りの存在を知ったことすら言わなかった。

パパと会話が出来なかったわけではない。
ただただ、思いも寄らなかっただけである。

更にまた時は過ぎ、パパは他界した。
最後の財布の中には、お守りもどきは無くなっていた。

結局、
パパとはお守りがどうこう…という話はしないままだった。
でも、あたくしはそれで良かったとも思う。

お守り袋の中身同様、大切なものは、
その存在の手触りを時々確認できるくらいで良い…と
あたくしは思う。

明日はいい日だ。がんばろ~^^
《レーシック最新情報》レーシックとドライアイとの関係

《レーシック最新情報》レーシックとドライアイとの関係

★メニュー

《レーシック最新情報》レーシックとドライアイとの関係
《レーシック最新情報》レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
《レーシック最新情報》レーシックは妊娠中は避けるべき
《レーシック最新情報》レーシックを受けることの出来ない目の状況
《レーシック最新情報》気になるレーシック手術の使用器具
《レーシック最新情報》あの松坂選手もレーシックを受けました
《レーシック最新情報》適性はレーシックの種類によって変わる
《レーシック最新情報》目に疾患がある時のレーシック
《レーシック最新情報》最も気になるレーシックの治療費用
《レーシック最新情報》自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックの最新情報お届け中