《レーシック最新情報》あの松坂選手もレーシックを受けました

《レーシック最新情報》あの松坂選手もレーシックを受けました


《レーシック最新情報》あの松坂選手もレーシックを受けました
レーシックの手術の感想として松坂投手は「全然問題ないと言われていたし、しかも治療はアッという間に終了して苦痛もなかった」と報告をされています。
またレーシック手術後の感想としましては「全てがクリアに見えるようになり喜びを実感しています」と会見をしていました。

レーシックで0.05の視力が1.5まで回復した松坂投手も現在では、アメリカで大活躍をしています。
この活躍もレーシックをすることによって、視力が回復した効果もあるのではないでしょうか?
メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。 松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます。
このことは雑誌やテレビでも報道されているように有名な話なのです。





《レーシック最新情報》あの松坂選手もレーシックを受けましたブログ:2018/6/18

今年のお正月は、
三人の息子達がそれぞれ伴侶を伴って
八十八歳になる主人の母を囲み、
幸福感に満ちた笑いと会話が飛び交う
賑やかなものとなりました。

わたしは只々感謝で、
身体の中から熱いものが込み上げてきました。

今から二十六年前…
元気で出勤した主人の交通事故による「突然の死」。

結婚して五年、
長男四歳、長女二歳、次女はわずか生後三十四日目の時でした。

病院へ駆けつけ、
ベッドに横たわっている痛々しい主人の姿に
「夢であってほしい…」と
何度も心の中でつぶやきながら目の前が真っ暗になり、
ただ呆然としたのがつい昨日のことのように思い出されます。

「これから先どうしよう」と不安は募るばかりで、
病院の冷たい廊下で、
わたしは身体ごと崩れていくような思いでした。

主人を亡くし、
改めて主人の優しさ暖かさを思う日々…
今どうする事が一番主人や父母、
実家の父母が喜ぶことだろうかと何度も考えました。

そして年老いた主人の父母を自分の父母と思い、
何よりも残された三人の息子達に
お父さんの事を忘れないよう育てていこうと堅く決心しました。

7時夕方仏壇の前で手を合わせながら挨拶し、
人様から何かをいただいた時には
「お父さん、これもらいました。開けてもいいですか?」と
お父さんに一つ一つ報告する幼い息子達の姿に、
主人の父母はとても可愛がって育ててくれました。

義母は跡取りだったムスコの話を、
息子達に自慢気に話して聞かせることが度々でした。

義母が長男に間違って主人の名前を呼び掛けますと、
「おばあちゃん、僕はお父さんと違うでー」と言葉を返します。

そこに和やかな笑いが広がるとき、
この父母に父母孝行させていただこうと
改めて心に誓ったものでした。
《レーシック最新情報》あの松坂選手もレーシックを受けました

《レーシック最新情報》あの松坂選手もレーシックを受けました

★メニュー

《レーシック最新情報》レーシックとドライアイとの関係
《レーシック最新情報》レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
《レーシック最新情報》レーシックは妊娠中は避けるべき
《レーシック最新情報》レーシックを受けることの出来ない目の状況
《レーシック最新情報》気になるレーシック手術の使用器具
《レーシック最新情報》あの松坂選手もレーシックを受けました
《レーシック最新情報》適性はレーシックの種類によって変わる
《レーシック最新情報》目に疾患がある時のレーシック
《レーシック最新情報》最も気になるレーシックの治療費用
《レーシック最新情報》自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックの最新情報お届け中