《レーシック最新情報》目に疾患がある時のレーシック

《レーシック最新情報》目に疾患がある時のレーシック


《レーシック最新情報》目に疾患がある時のレーシック
目に何らかの病気や疾患があったり、特定の症状があったりする場合は、治療を断念になければいけないことがあります。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。

緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。
レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。 レーシックを受けることの出来ないケースとしては、目に何らかの疾患を持っている時となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。





《レーシック最新情報》目に疾患がある時のレーシックブログ:2018/4/18

物を通して
父母と息子の気持ちのつながりが捻れてしまった…
そんな二つの切ない光景が、
わたしはいつも思い出されます。

一つは…
単にわたしがわがままだったせいか、
親子のコミュニケーションが
上手くいってなかったからなのかわかりませんが…

ある日、母が
かわいらしすぎて
当時のわたしには似合わなかったと思われる柄の
ポーチを買ってきてくれたときのこと。

わたしの文句がエスカレートしてケンカになり、
わたしは激しく泣き叫び、母も泣かせてしまいました。

挙句の果て、
そのポーチは外に投げ捨てられ、
あめに濡れて転がっていました。

このケンカは、
お互いにわかってもらえない
気持ちのぶつかり合いだったようです。

ポーチに母のわたしへの気持ちがこもっていることは
ケンカの最中も十分感じていたので、
あめに濡れるポーチは
ひときわ悲しくわたしの目に映りました。

その後、落ち着いてから拾ってきて
長い間使うことになったのですが…

もう一つは…
弟が親父に買ってもらった
ミキサー車のおもちゃにまつわる光景です。

とってもおもしろいおもちゃで
弟は大喜び!!
庭の砂を入れては出す…という遊びに
日々熱中していました。

でも、その遊び方が
親父は気に入らなかったみたいです。

戦争中志願して入隊したような人ですから、
木刀を振り回しているような
男の子を望んだのかもしれません。

親父は突然怒り出し、
そのおもちゃを蹴り飛ばして壊してしまったのです。

砂の上に無残に転がる壊れたおもちゃ。
そばにはもう弟の姿もなく…

後日悪かったと思った親父が
より高性能なものを買い直して来たのですが、
どんなになだめても、
弟がそれで遊ぶことはもうありませんでした。

《レーシック最新情報》目に疾患がある時のレーシック

《レーシック最新情報》目に疾患がある時のレーシック

★メニュー

《レーシック最新情報》レーシックとドライアイとの関係
《レーシック最新情報》レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
《レーシック最新情報》レーシックは妊娠中は避けるべき
《レーシック最新情報》レーシックを受けることの出来ない目の状況
《レーシック最新情報》気になるレーシック手術の使用器具
《レーシック最新情報》あの松坂選手もレーシックを受けました
《レーシック最新情報》適性はレーシックの種類によって変わる
《レーシック最新情報》目に疾患がある時のレーシック
《レーシック最新情報》最も気になるレーシックの治療費用
《レーシック最新情報》自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックの最新情報お届け中