《レーシック最新情報》あの松坂選手もレーシックを受けました

レーシックの手術の感想として松坂投手は「全然問題ないと言われていたし、しかも治療はアッという間に終了して苦痛もなかった」と報告をされています。
またレーシック手術後の感想としましては「全てがクリアに見えるようになり喜びを実感しています」と会見をしていました。

 

レーシックで0.05の視力が1.5まで回復した松坂投手も現在では、アメリカで大活躍をしています。
この活躍もレーシックをすることによって、視力が回復した効果もあるのではないでしょうか?
メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。 松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます。
このことは雑誌やテレビでも報道されているように有名な話なのです。

 



《レーシック最新情報》あの松坂選手もレーシックを受けましたブログ:2018/5/15

娘の頃に穀物をしっかりと食べずに、
スナック菓子ばかり食べているようなら、
脳は成長できないので、
頭が悪くなるのは当然のことである。

我が娘をバカにさせたくなかったら、
とにかくスナック菓子を食べさせる機会を
可能な限り減少させるべきである。

スナック菓子ではなく穀物こそが
娘の成長にとって必要だと理解できれば、
娘に何を食べさせればいいか
自然とわかってくると思う。

ただし、
娘に穀物を食べることができるのを
当たり前だと思わせてはならない。

穀物は農家の人が作らなければ手に入らない…
なので娘を連れて
農家で農業体験をしてみることをお勧めする。

穀物が出来上がってくるのに、
こんなにも手間暇がかかるとわかれば、
穀物を大切にし、食べる事の度に感謝して食べるようになる筈だ。

日本が豊かになるにつれ、
穀物の消費量は減少の一途を辿っている。

それに比例するかのように
娘たちに異常が出始め、難病奇病が増え、
学力が低下したり、イジメや自殺が深刻な問題になったり、
少年少女の凶悪犯罪が多発したり…と、

両親の異常な食生活のツケを
娘たちが背負わなければならなくなっているのである。

娘たちが社会問題を起こす度に、
どうにかしろと対策を打って来るのだが、
どの対策も一向に成果が上がらない…

なぜなら娘の食べる事が間違っているからこそ、
いくら対策を講じても、根本的な解決にならないからだ。

娘たちの異常は、両親たちの異常こそが原因なのである。

自分たちが裕福になっても、質素倹約の美徳を維持し、
昔ながらの食べる事を守り続けていれば、
娘たちは正常化してくると思う。


ホーム サイトマップ