《レーシック最新情報》あの松坂選手もレーシックを受けました

レーシックの手術の感想として松坂投手は「全然問題ないと言われていたし、しかも治療はアッという間に終了して苦痛もなかった」と報告をされています。
またレーシック手術後の感想としましては「全てがクリアに見えるようになり喜びを実感しています」と会見をしていました。

 

レーシックで0.05の視力が1.5まで回復した松坂投手も現在では、アメリカで大活躍をしています。
この活躍もレーシックをすることによって、視力が回復した効果もあるのではないでしょうか?
メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。 松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます。
このことは雑誌やテレビでも報道されているように有名な話なのです。

 



《レーシック最新情報》あの松坂選手もレーシックを受けましたブログ:2018/12/28

減量をする時には、
適度なトレーニングをすることが欠かせません。

消費カロリーを増やすことによって、
体質にたまっている体脂肪を落とす必要があるからです。

ところで
減量するときの運動として、
大きく分けて2つのタイプがあります。

それは、有酸素トレーニングと筋トレです。
有酸素トレーニングと筋トレ…
できることなら両者を同時並行的にやっていった方が効果的です。

有酸素トレーニングは脂肪を燃焼させますし、
筋トレをすることで筋肉を大きくし、
消費されるエネルギーをより大きくするからです。

有酸素トレーニングと筋トレは、
理想的な順番というものがあるそうです。

理想的な順番は、
まず筋トレを行ってから有酸素トレーニングを行うというパターンです。

まず筋トレを行います。
すると、筋肉は緊張しますし、
疲労物質とも呼ばれている乳酸がたまってきます。

この状態で次に有酸素トレーニングを行うと…
有酸素トレーニングで、筋肉をゆっくり動かすことができ、
筋トレで緊張した筋肉をほぐすことができます。

また疲労物質である乳酸がたまっていますが、
乳酸を減少させる働きが有酸素トレーニングにはあるのです。

なので、有酸素トレーニングでしめると、
あしたに疲労感を持ちこさなくなるみたいですよ。

そして、より継続的にトレーニングを続けることができ、
より減量効果が表れる可能性が高まるんです!

でも、以上にあげたことはあくまでも理想論。
逆の方が自分にとってはリズムがいいという人には、
無理強いをするつもりはありません。

自分にとってやりやすいトレーニングメニューで、
減量を成功させましょう!




ホーム サイトマップ