《レーシック最新情報》レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックの手術が終わった後に使用される点眼は、少量ですが体内の赤ちゃんに吸収されてしまう可能性もあります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。

 

妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。
視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。 レーシックの手術自体は、妊娠中や出産した直後でも、十分に受けることは可能となっているのです。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。

 



《レーシック最新情報》レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:2018/11/19

ダイエットは、
体重が減ればいいというものではありませんが、
やっぱり気になりますよね。

体重はからだ全体の重さを表す数字なので、
正確に、やせたか太ったかの判断はできないですが、
目安として把握しておくことは大事!

「怖くて体重計に乗れない!」と思い始めたら…
すでに太っている証拠。

その後もずっと体重計に乗らなければ、
自分が太ってしまっていることを把握できないため、
脂肪の増加は、簡単には止められないのです。

そうならないためにも、
体重計には、定期的に乗ることが大事なんですね。

とはいえ、24時間に何度も体重計に乗る必要はありません。

ダイエット中って、
24時間に何度も体重に乗りたくなったりしませんか?

でも、それはダメ!
かえってストレスをためることもありますよ。

24時間1回「同じ時間、同じ服装、同じ体重計」でチェックしましょう。
例えば…
「午前中起きてトイレに行った後」
「24時お風呂に入った後」
などがおすすめです。

ダイエットにおける重要なチェックポイントは、
「体脂肪率」です。

皆さんも知ってると思いますが、
「肥満=体重全体の重さのうち、脂肪の重さの割合が多い状態」なので、
太っているかやせているかを正確に判断するためには、
「体脂肪率」を計ることが重要なのです。

ちなみに、女性の場合、20〜25%の体脂肪率であれば、適正な範囲です。
これよりも多ければ、やはりダイエットが必要でしょう。

ただし、体脂肪率は体重とは違って、
毎日測っても、あまり意味がありません。
7日間に1回、または14日間に1回くらいのペースで、
増えているか、減っているかをチェックするのがいいようです。

とっぴんぱらりのぷう

ホーム サイトマップ