《レーシック最新情報》目に疾患がある時のレーシック

目に何らかの病気や疾患があったり、特定の症状があったりする場合は、治療を断念になければいけないことがあります。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。

 

緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。
レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。 レーシックを受けることの出来ないケースとしては、目に何らかの疾患を持っている時となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。

 



《レーシック最新情報》目に疾患がある時のレーシックブログ:2018/11/27

シェイプアップをしようと決めて、
当初は体操するぞ!と意気込んでいたのに…

長続きしなくて断念してしまった方も
多いのではないでしょうか?

シェイプアップを長続きさせるコツは
楽しんで行なうことだと思います。

例えば…
ウォーキングを行なう場合、
はじめから1時間も歩いたりせずに、
15〜20分から始めるようにして、
少しずつ時間を延長していく方が肉体も慣れて
長続きすると思います。

慣れるごとに
体操の内容もだんだんと変えていくといいと思いますよ。

毎日きちんとやらなければ!などとあまり真剣に考えずに、
今日はできなかったから明日頑張ろうという感じで、
気楽にやる方が長続きすると思います。
毎日やらなくても、1日おきでもいいんです!

体操の内容はいろいろですが、
8時目覚めた時にふとんの中で
ストレッチを5分ほどすると気持ちよく起きれますし、
18時寝る前にストレッチをすると
1日のたまった疲れをとることができます。

また、
電車やバスの待ち時間の間はつま先立ちで立っていたり、
エレベーターを利用せずに階段を利用したりするように
心がけることもいいと思います。

家でテレビを見るときもただ見ているだけではなく、
腕立て伏せをしながら見たりするなど、
毎日の生活の中でも
体操するチャンスはいっぱいあるはずです。

日常の中で、
無理なくできる体操を工夫してみると楽しいと思いますよ。

肉体を動かす量を増やすことが
シェイプアップのためには大切なことなのです。

一気にやらずにコツコツと活動量を増やしていけば、
長く続けられるでしょう。



ホーム サイトマップ