《レーシック最新情報》目に疾患がある時のレーシック

目に何らかの病気や疾患があったり、特定の症状があったりする場合は、治療を断念になければいけないことがあります。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。

 

緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。
レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。 レーシックを受けることの出来ないケースとしては、目に何らかの疾患を持っている時となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。

 



《レーシック最新情報》目に疾患がある時のレーシックブログ:2018/12/18

減量をしようと思ったとき、
食事の量を減らし、炭水化物を減らし、油分を減らす人が
多いみたいですね。

でも、皆さんが思いつくこの減量方法が
合わない人って、結構多いんですよね。

確かに、一時的には体重が減るでしょうが、
それはただ食事をしなかった分が減った…というだけで、
根本的に身体は何も変わっていないため、
すぐにリバウンドしたり、少し食事をしただけで、
太る身体になってしまうのです。

皆さんは
日常生活の中で一番カロリーを消費する行動は何か知ってますか?

それは「食事をすること」なんです。

あたしたちの身体は、
食べ物を消化、吸収、代謝するために最もカロリーを使います。
食事の量を減らす減量をしている人は、
この消費カロリーが少なすぎるのです。

なので、食事がうまく代謝されず、
たくさん食べているわけじゃないのに
減量が成功しないという結果になるんです。

減量が成功しない原因は、
食事でのカロリー摂りすぎなのではなく、栄養不足。

つまり、
脂肪を燃やすための栄養素が足りないということなんです。

これらの栄養素はただでさえ不足しがちなため、
食事を制限した減量をすると、
ますます不足してしまうんですね。

だから、
身体の余計な脂肪が燃やすことができなくなってしまう…
これじゃ、かえって太っちゃいますよね。

「減量=食事をしないこと」という、
これまでの常識に惑わされないことが大切なんですね!

減量を成功させたいなら、
しっかり食事をしなきゃダメなんです!

明日はいい日だ。がんばろ〜^^


ホーム サイトマップ